March 10, 2020 / 4:29 AM / in 19 days

韓国サムスンディスプレー、ベトナムに社員を検疫対象外とするよう要請

 3月10日、韓国のフラットスクリーンメーカー、サムスン・ディスプレーは、ベトナム政府に対し、新型スマートフォン向け製品の準備で渡航する同社のエンジニア700人を検疫・隔離措置の対象外とするよう要請した。写真はソウルで2018年3月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 10日 ロイター] - 韓国のフラットスクリーンメーカー、サムスン・ディスプレーは、ベトナム政府に対し、新型スマートフォン向け製品の準備で渡航する同社のエンジニア700人を検疫・隔離措置の対象外とするよう要請した。ベトナムは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、韓国からの渡航者に14日間の隔離措置を取っている。

関係筋によると、サムスン・ディスプレーは例年この時期に年後半に発売する新製品の準備のため韓国からベトナムにエンジニアを派遣している。今回の渡航制限により計画に遅れが生じる可能性があるという。

このため同社はベトナム政府と、エンジニアが健康診断結果を提出した場合は隔離措置の対象外とするよう交渉中だという。

韓国はベトナムへの最大の投資国であり、隔離措置は韓国企業にとって大きな痛手となる。サムスン・ディスプレーはベトナム工場で組み立てた有機発光ダイオード(OLED)ディスプレーを、親会社のサムスン電子(005930.KS)や米アップル(AAPL.O)、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に供給している。

ベトナムは韓国の輸出相手国として第3位、輸入では5位。サムスン電子だけでベトナムの輸出の25%を占めている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below