for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジ、欧州石油大手の株式取得 総額10億ドル相当=WSJ

4月8日、サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、欧州の石油大手4社の株式約10億ドル相当を取得した。リヤドで7日撮影(2020年 ロイター/Ahmed Yosri)

[8日 ロイター] - サウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、欧州の石油大手4社の株式約10億ドル相当を取得した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が8日、関係筋の情報として報じた。

4社はノルウェーのエクイノールEQNR.OL、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルRDSa.L、仏トタルTOTF.PA、イタリアのENIENI.MI

WSJによると、PIFは前週、原油価格が急上昇した頃の数日間に、エクイノールの株式およそ2億ドル相当を取得した。他の3社についてはそれぞれの取得額は不明だが、4社分を合わせると約10億ドル相当だとしている。

サウジ当局者はWSJに対し、「PIFは市場で再び活発になっている。今後同様の案件があっても意外ではない」と述べたという。

WSJの報道について、各企業のコメントは得られていない。

脱石油依存を目指すサウジのムハンマド皇太子は、経済の多様化に向けてPIFを通じて国内外で投資を拡大している。

PIFの運用資産は3000億ドルを超え、配車大手ウーバー・テクノロジーズUBER.Nなどの株式を保有。ソフトバンクグループ9984.T傘下の「ビジョン・ファンド」にも450億ドルを出資している。

またPIFは6日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けているクルーズ船運航会社カーニバルCCL.Nの株式8.2%を取得したことを明らかにしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up