for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア、新型コロナ感染の中心地に 各国で変異株猛威

 7月26日 東南アジアで新型コロナウイルスが猛威を振るう中、フィリピンもデルタ株の拡大阻止に取り組んでおり、当局は23日に首都圏の規制を厳格化するとともにマレーシアとタイからの入国を禁止した。写真は7月21日、マニラのワクチン接種会場で撮影(2021年 ロイター/Eloisa Lopez)

[クアラルンプール 26日 ロイター] - タイが26日発表した新型コロナウイルス新規感染者数は2日連続で最多を更新、マレーシアは累計感染者数が100万人を超えた。感染力が強いデルタ株が猛威を振るっており、東南アジアは全世界の感染の中心地となっている。

タイ当局が26日発表した新規感染者数は1万5376人。累計感染者数は6600万人以上。

マレーシアは、25日発表の新規感染者数が1万7045人で累計感染者数が101万3438人と百万人を超えた。同国は1月から非常事態宣言下にあり、各地で医療が逼迫している。政府閣僚は26日、非常事態宣言を8月1日に期限をもって終了する方針を示した。

東南アジアで最大の人口を抱えるインドネシアは、累計の感染者が310万人を超え、死者は8万3000人に上る。政府は25日、感染拡大防止の為の規制の1週間延長を発表したが、経済の低迷を背景に一部措置を緩和した。

ベトナムでは、南部の商業都市ホーチミン市とその周辺を中心に感染が再び拡大。24日発表の新規感染者数は7968人と過去最多で、25日も7531人とそれに近い数となった。

ミャンマーでは6月以降、感染拡大が深刻となり、25日に発表された新たな死者は355人で最多となった。新規感染者は22日に6000人超を記録した。

フィリピンもデルタ株の拡大阻止に取り組んでおり、当局は23日に首都圏の規制を厳格化するとともにマレーシアとタイからの入国を禁止した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up