March 19, 2020 / 6:42 AM / 10 days ago

シンガポール、新型コロナで景気後退不可避 金融大手DBS見通し

シンガポールの金融大手DBSは19日、今年は0.5%のマイナス成長になるとの予想を示すとともに、新型コロナウイルス拡大の影響で景気後退(リセッション)は不可避との見解を示した。写真はシンガポールとマレーシアの間にかかる橋。3月18日撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 19日 ロイター] - シンガポールの金融大手DBSは19日、今年は0.5%のマイナス成長になるとの予想を示すとともに、新型コロナウイルス拡大の影響で景気後退(リセッション)は不可避との見解を示した。

これまでの成長見通しはプラス0.9%。

DBSのエコノミスト、アービン・シア氏は、「シンガポールのリセッションは避けられないとみられる。そのシナリオを反映し2020年通年の国内総生産(GDP)伸び率予想をマイナス0.5%に下方修正した」と述べた。

政府はすでに今年のリセッションの可能性を示唆し、成長予想を下方修正している。

通年では約20年ぶりとなるリセッションの可能性から、シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)が金融緩和に動くのは確実とみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below