May 19, 2020 / 5:12 PM / 18 days ago

シンガポール、封鎖措置を6月から段階的に緩和へ

[シンガポール 19日 ロイター] - シンガポール政府は19日、新型コロナウイルスを受けた封鎖措置を6月2日から緩和すると発表した。経済活動の4分の3が正常化するという。ただ、緩和に伴い感染件数は増える可能性が高いとの見方を示した。

シンガポール政府は19日、新型コロナウイルスを受けた封鎖措置を6月2日から緩和すると発表した。経済活動の4分の3が正常化するという。15日撮影(2020年 ロイター/EDGAR SU)

製造業や金融、保険、卸売など感染リスクが低い産業が事業を再開できる。

チャン・チュンシン貿易産業相は記者会見で、3分の1の労働人口が職場復帰し、残りは在宅で勤務すると述べた。

新型ウイルスの感染拡大を抑えるためのいわゆる「サーキットブレーカー」は6月1日に終了する。この日発表した計画は緩和措置の第1・段階となる。

ガン・キムヨン保健相は「多くの国が封鎖措置を緩和して以降、第2波を経験している。このリスクを抑えるために段階的に措置を緩和する」と述べた。「経済活動を徐々に再開するにつれ、日々の新規感染件数は増える見込みだ」とも話した。

学校も6月から再開する。

シンガポールの19日の新規感染件数は451件。累計で2万8794件に上った。出稼ぎ労働者の混み合った宿舎での感染拡大が主な要因。宿舎以外の感染拡大は抑えられている。

集会や社交行事など、多くの制限は維持する。当局は後日、第2・段階の内容を決める。レストランでの食事や小売店の営業再開などを含む可能性がある。

政府は、大半の経済活動を再開できる「新常態」を目指し、段階的に封鎖措置を緩和する意向だが、有効なワクチンが開発されるまでは限定的な経済活動となる。

財務相は来週、6月2日に事業を再開できない企業に対する追加支援策を発表する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below