for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伯研究所、シノバック製ワクチンは有効性50%超との暫定結果発表

 12月23日、ブラジル・サンパウロ州のブタンタン研究所は、中国の科興控股生物技術(シノバック)が開発中の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」について、後期臨床試験の暫定結果で50%超の有効性が確認されたと発表した。写真はサンパウロで記者会見を終えた同研究所のDimas Tadeu Covas所長(2020年 ロイター/Amanda Perobelli)

[サンパウロ 23日 ロイター] - ブラジル・サンパウロ州のブタンタン研究所は23日、中国の科興控股生物技術(シノバック)が開発中の新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」について、後期臨床試験の暫定結果で50%超の有効性が確認されたと発表した。ただシノバック側の要請で、全面的な試験データ公開は再び先送りされた。

ブラジルは世界で最も早くシノバックの後期試験を完了したが、当初12月初めに予定していたデータ全面公開はこれで3回目の延期となる。

ブタンタン研究所は、シノバックから世界各地の試験データをまとめる間、最長で15日詳細なデータを公表するのを遅らせるよう求められたと説明した。

アラブ首長国連邦(UAE)は先月、中国医薬集団(シノファーム)のワクチンが後期試験で86%の有効性が示されたと明らかにしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up