for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国、新型コロナ死者が今年最多 重症者増える

 8月26日、韓国政府は、新型コロナウイルスによる死者が今年最多の20人になったと明らかにした。写真は病院に搬送される新型コロナウイルス感染症が疑われる患者。テグで昨年3月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国政府は、25日の新型コロナウイルスによる死者が今年最多の20人になったと明らかにした。過去最悪となる現在の感染局面が始まった7月以降、重症患者は2倍以上に増加している。

死亡率は1%未満と引き続き低く、医療体制の重大な逼迫もまだ報告されていないが、政府は重症患者向けに集中治療室(ICU)の病床確保に動いている。

重篤・重症患者は25日時点で425人と、第4波が始まった7月7日時点の155人を大きく上回った。保健省によると、国内の新型コロナ向けのICU病床は833床。24日時点で250床の空き病床がある。

韓国では26日、18─49歳のワクチン接種が始まった。9月までに人口の70%が少なくとも1回のワクチン接種を受け、50%が接種を終えるという目標を掲げている。

ワクチン接種は2月から始まったが、供給不足と出荷の遅れが進展を阻む要因になっている。少なくとも1回のワクチン接種を受けた人は人口の52.7%、接種を完了した人は26%にとどまっている。

疾病予防管理庁(KDCA)のデータによると、新規感染者は1882人。累計の感染者は24万3317人、死者は2257人。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up