for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-韓国、コロナ新規感染者の減少続く 当局は連休控え警戒

 9月29日、韓国疾病予防管理局が発表した新型コロナウイルスの新規感染者数は39人となり、前日から減少した。写真はソウルで撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国疾病予防管理局が29日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者数は38人(訂正)となり、前日から減少した。ただ、例年多くの人が帰省する秋夕(中秋節)の連休を控え、衛生当局はソーシャルディスタンス(社会的距離)確保など予防策を徹底するよう国民に呼び掛けている。

韓国の1日当たりの新規感染者数は5日連続で2桁台に収まった。累計の感染者数は2万3699人で、累計死者数は407人となった。

28日発表の新規感染者は50人で、8月11日以降で最も少なかった。韓国では先月、教会と大規模な反政府集会を起点とする新たな集団感染が発生。8月下旬には1日の感染者が440人を超えていた。

中秋節の連休は30日から始まる。保健省のカン・ドテ次官は「連休で感染が再拡大するようなことはあってはならない。それを念頭に行動してほしい」と強調。「社会的距離の確保とマスク着用が、あなたとあなたの家族、そして社会全体を守る最も安全な方法だ」と主張した。

週末に行われた世論調査によると、韓国国民の78%以上が、中秋節の連休は自宅にとどまる予定と回答した。一方、空港当局は27日、国内線の搭乗者数は前年比で25%減になるとの見通しを示している。

*第1段落の新規感染者数を「39人」から「38人」に訂正します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up