for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国が社会的距離規制延長、新型コロナ感染の新たな波警戒

韓国は、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための社会的距離(ソーシャルディスタンス)規制の緩和を31日まで延期した。写真はコロナ禍の中、伝統行事が行われるソウル市の景福宮。1月28日に撮影。(2021年 ロイター/Heo Ran)

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国は、新型コロナウイルス感染拡大抑制のための社会的距離(ソーシャルディスタンス)規制の緩和を31日まで延期した。キリスト教系の学校で感染が拡大しており、旧正月の休暇を控えて感染抑制努力が阻害される恐れがあるためとしている。

キリスト教系学校関連の感染者数はこの日、累計で7施設、344人に増加した。

丁世均首相は29日、最近の感染拡大を新たな波の兆候とする専門家の見方を挙げ、政府は不用意に社会的距離規制を緩和しないと言明。政府会合で、「旧正月を前に判断を誤れば、これまで積み上げてきた感染対策努力が瞬時に覆る恐れがあり、慎重でありたい」と述べた。

韓国疾病予防管理庁(KDCA)の発表によると、29日午前零時時点の感染者は469人。累計は7万7395人、死者は1399人となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up