for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国サムスンバイオ、mRNAワクチンの生産ライン追加へ

[ソウル 31日 ロイター] - 韓国のバイオ医薬品受託製造会社サムスンバイオロジクスは31日、ソウルの南西30キロに位置する松島新都市の生産拠点にメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの生産ラインを2022年上期までに追加する計画を発表した。

同社によると、mRNAワクチンはその安全性と製造面の拡張性で知られており、新型コロナウイルスワクチンとして米国で最初に使用が認められたワクチンの1つ。

ジョン・リム最高経営責任者(CEO)は「この生産能力の拡大により、新たなmRNAワクチンと療法のより迅速な市場投入に向け、われわれの提携先を支援したい」と表明した。

ライン追加により、mRNAワクチンのバルク薬剤から無菌充填・仕上げまで、ラベル付けや包装、コールドチェーン(低温物流)貯蔵を含む全面的な製造サービスを提供できるようになるという。

サムスンバイオロジクスは先週、米モデルナのコロナワクチンの受託生産で合意した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up