for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン、エア・ヨーロッパ支援策承認 4.75億ユーロ

[マドリード 3日 ロイター] - スペイン政府は3日、エア・ヨーロッパに対する4億7500万ユーロ(5億5600万ドル)の支援策を承認した。戦略分野の企業が新型コロナウイルス禍を乗り切るのを支援するため創設された基金を活用する最初の大手スペイン企業となった。

政府報道官が記者会見で明らかにしたところによると、支援策の内訳は通常の融資2億3500万ユーロと、株式を担保とした融資2億4000万ユーロで、返済期間は最長6年。

報道官は「エア・ヨーロッパに関しては、航空便の大幅な減少や観光客の落ち込みで新型コロナの打撃が明白だ」と述べた。

政府は支援の条件として、インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)に対するエア・ヨーロッパ売却計画への介入を求めている。報道官は、政府がどのような形での関与を求めているかは明らかにしなかった。

英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の持株会社であるIAGは昨年11月、エア・ヨーロッパを10億ユーロで買収することで合意。今年10月には、引き続き買収に関心があると表明している。

報道官は、IAGとの案件について政府は「意見を述べ、条件を決定する権利を有する」と述べた。また、エア・ヨーロッパの最高経営責任者(CEO)選任や、人員削減が行われる場合の計画策定にも関与を望むとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up