for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マドリード、コロナ規制しなければ非常事態を宣言=スペイン政府

 スペイン中央政府は8日、マドリード自治州に対し、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、保健当局が指示した移動規制を実施しなければ、9日に緊急閣議を開いて非常事態を宣言し、順守を義務付けると警告した。写真はマドリードで1日撮影(2020年 ロイター/Sergio Perez)

[マドリード 8日 ロイター] - スペイン中央政府は8日、マドリード自治州に対し、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、保健当局が指示した移動規制を実施しなければ、9日に緊急閣議を開いて非常事態を宣言し、順守を義務付けると警告した。

マドリード当局は2日、保健当局の指示を受け、不要不急のマドリード首都圏内外の往来を禁止した。

しかし、マドリードの裁判所は8日、政府の越権行為で、規制は基本的な人権を侵害しているとして、施行を認めない判断を下した。

非常事態宣言は、感染第1波の際に厳しいロックダウン(封鎖措置)の後ろ盾となった法的枠組みで、中央政府に移動を制限する権限を与える。

マドリード自治州トップのイサベル・ディアス・アユソ氏は、選択肢について州当局内で9日朝に協議するとした。

極右政党「ボックス(VOX)」のサンティアゴ・アバスカル党首は、非常事態が宣言された場合、12日に全国的なデモの実施を呼び掛けると表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up