for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン経済、第3四半期は10%超成長へ=経済相

スペインのカルビニョ経済相は31日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響により第2・四半期の国内経済は記録的な落ち込みとなったが、第3・四半期の成長率は10%を超えるだろうと述べた。マドリードで7月撮影(2020年 ロイター/JAVIER BARBANCHO)

[マドリード 31日 ロイター] - スペインのカルビニョ経済相は31日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響により第2・四半期の国内経済は記録的な落ち込みとなったが、第3・四半期の成長率は10%を超えるだろうと述べた。

スペイン北部のサンタンデールで行われたイベントで、「あらゆる点に注意を払い、慎重な姿勢を堅持した上で、われわれは今年の第3・四半期に10%を超える成長を予想している」と指摘。労働市場も回復していると語った。

スペインの独立財務責任当局(AIReF)は先週、第3・四半期の国内総生産(GDP)成長率見通しを15.2%に引き上げたが、カルビニョ経済相の予想はこれよりやや保守的な内容となった。

スペイン国家統計局が7月に発表した第2・四半期のGDPは前期比18.5%減と過去最大の落ち込みとなった。第1・四半期は前期比5.2%減だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up