for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン、外出制限を強化 必要不可欠な業種以外は出勤も停止

スペインのサンチェス首相は28日、テレビ演説を行い、外出規制を強化する措置を発表した。30日から4月9日まで適用する。写真は閑散とした駅のエスカレーター。(2020年 ロイター/Susana Vera)

[マドリード 29日 ロイター] - スペインのサンチェス首相は28日夜にテレビ演説を行い、必要不可欠な業種を除き30日から4月9日まで出勤を控えるよう国民に指示、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出制限を強化した。平日も人の移動がほぼ完全に停止する。

首相は、「この決定によって感染者の数を大幅に減らすことができる」と訴えた。労働者は通常の給与を受け取るが、事後的にその埋め合わせの勤務を行うよう求められると説明した。

政府の29日の発表によると、新型コロナウイルス感染症で新たに838人が死亡し、合計は6528人となった。欧州ではイタリアに次ぎ多い。感染者数の累計は7万8797人と、前日の7万2248人から増えた。

ディアス労働相は29日、平日の人の移動を日曜日の水準まで減らす必要があるとし、イースターの休暇を除けば、8営業日が制限対象になると語った。また、12月31日までに埋め合わせの勤務を行うよう求めると述べた。

保健省で緊急対策を取り仕切るフェルナンド・シモン氏は同日、集中治療室(ICU)が飽和状態に達しつつあると述べたが、新規感染者が過去数日にわたり減少し、感染者の増加ペースが安定しつつあると語った。

スペインでは3月14日以来、学校が休校となり、バー、レストラン、必要不可欠ではない商品を扱う小売店が営業停止となっている。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up