for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン、週末のコロナ新規感染6000人超 英は渡航自粛勧告を拡大

[マドリード/ロンドン 27日 ロイター] - スペイン保健当局は27日、新型コロナウイルス感染症の新規感染者が週末に6361人報告されたと発表した。カタルーニャ、アラゴン自治州などを中心に国内で発生している361の集団感染の状況を注視しているとした。

スペインでの感染再拡大への懸念から、英政府は同日付で、スペイン本土への不要不急の渡航自粛勧告をバレアレス諸島やカナリア諸島にも拡大すると発表した。

英政府は25日、スペイン本土への不要不急の渡航も控えるよう勧告したほか、スペインからの入国者に対する検疫を強化し、14日間の隔離措置を講じると発表した。

これを受け、新型コロナ流行の打撃を被っているスペインのホテル業界は旅行者離れを食い止めるために、同国を訪れる外国人移行者に対しコロナ検査費用をカバーする方針を表明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up