for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペイン、入国者に2週間の隔離措置命令

[マドリード 12日 ロイター] - スペイン政府は新型コロナウイルス対策の一環で、今月15日以降、外国からの渡航者に2週間の隔離措置を命じることを明らかにした。

スペインでは全土の都市封鎖が一部緩和されつつあるが、今回の措置で観光産業は一段と打撃を受けるとみられる。

隔離期間中は食料品の買い物や医療機関の受診などを除く不要不急の外出が禁じられる。少なくとも今月24日までの入国者が対象となる。

同国では今月24日まで「警戒事態」が継続される予定だが、警戒事態が延長されれば、渡航者の隔離措置も延長になる可能性がある。

スペインの観光産業は国内総生産(GDP)の約12%を占める。隔離措置が夏季まで延長されれば、同国の観光産業は大打撃を受けるとみられる。

12日の株式市場では、インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズやメリア・ホテルズなど観光関連株が下落している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up