May 7, 2020 / 1:00 AM / 3 months ago

3月のスペインへの外国観光客、前年比64.3%減 新型コロナが影響

 5月6日、スペイン統計局の発表によると、今年3月に同国を訪れた外国からの観光客は、前年同月比で64.3%減少した。写真は2018年8月に撮影されたマドリード王宮(2020年 ロイター/Sergio Perez)

[マドリード 6日 ロイター] - スペイン統計局の6日発表によると、今年3月に同国を訪れた外国からの観光客は、前年同月比で64.3%減少した。新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、ホテルなどの宿泊施設が閉鎖された。

スペインは世界で2番目に人気の観光国で、7年連続して観光客が最多記録を更新していたが、今年3月に同国を訪れた観光客は200万人にとどまった。

観光客による支出も前年比64%減の22億ユーロ(24億ドル)となった。

観光はスペイン経済を担う最重要産業の一つで、国内総生産(GDP)の12%前後を占め、数百万人を雇用している。

政府は、新型コロナ感染拡大を受けて3月14日に非常事態宣言を発動し、不要不急の移動を禁止。ホテルその他の観光宿泊施設が閉鎖されたほか、国境も封鎖された。さらに、航空会社はフライトを欠航した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below