for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファイザー、スペインに週35万回分ワクチン供給 27日接種開始

スペインのイラ保健相は23日、26日から米ファイザーが独ビオンテックと開発した新型コロナウイルスワクチンを毎週35万回分受け取ると発表した。写真はイメージ。10月撮影(2020年 ロイター/DADO RUVIC)

[マドリード 23日 ロイター] - スペインのイラ保健相は23日、26日から米ファイザーが独ビオンテックと開発した新型コロナウイルスワクチンを毎週35万回分受け取ると発表した。

第1弾は中部グアダラハラに送られ、27日に接種が始まる。その後、人口に占める高リスク者の比率に応じ、他の地域に配布されるという。

3月半ばまでにファイザーから約460万回分のワクチンが供給される見通し。

スペイン政府は、国民約4700万人中1500万─2000万人が来年上半期にワクチン接種を受けることを目指す。

スペインのコロナ感染者数は累計184万人超、死者は5万人に迫っている。過去14日の新規感染者数は10万人当たり約254人と、10日前の200人弱から増加している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up