for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾、コロナ行動制限28日まで延長 「感染落ち着いてない」

 6月7日、台湾は、新型コロナウイルスの感染拡大が依然落ち着いていないとして行動制限をさらに2週間延長し、6月28日まで継続すると発表した。写真は台北で2日撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[台北 7日 ロイター] - 台湾は7日、新型コロナウイルスの感染拡大が依然落ち着いていないとして行動制限をさらに2週間延長し、6月28日まで継続すると発表した。学校は夏休みまで閉鎖を続ける。

台湾は域内の感染拡大を受けて警戒レベルを2番目に高い水準に設定し、集会の制限や娯楽施設の閉鎖などの措置を実施。学校はオンライン学習に移行している。

行政院(内閣)は閣議後の声明で「現時点で流行はまだ落ち着いていない」との認識を示し、陳時中・衛生福利部長(厚生相)が同日中により詳しい情報を公表するとした。

行動制限の延長は広く予想されていた。

蘇貞昌行政院長(首相)は閣議で、日本から提供を受けたアストラゼネカ製ワクチン124万回分の配布を今週開始し、慢性疾患のある人や75歳以上の高齢者に優先接種する方針を示した。

6日に報告された域内の新規感染者数は343人で、前日の511人から減少した。累計感染者数は1万1298人、死者は260人。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up