for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾のUBIファーマ、新型コロナワクチン候補の生産認められず

8月16日、台湾当局は、台湾のUBIファーマ(聯亞薬業)の新型コロナウイルスワクチン候補の生産・緊急使用を認めない決定を下した。写真は6月、新北市のワクチン接種会場で撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[台北 16日 ロイター] - 台湾当局は16日、台湾のUBIファーマ(聯亞薬業)の新型コロナウイルスワクチン候補の生産・緊急使用を認めない決定を下した。域内産のワクチン開発が一歩後退した。

台湾は、米モデルナ、英アストラゼネカにワクチンを発注しているが、独自のワクチン開発も目指している。台湾初の独自開発となったメディゲン・ワクチン・バイオロジクス(高端疫苗生物製剤)のワクチンは来週に利用が始まる予定。

衛生福利部(衛生省)によると、UBIファーマのワクチン候補で作られた抗体は、アストラゼネカ製のワクチンに見劣りした。

ただ、UBIファーマはインドで第3相臨床試験を計画しているという。

陳時中・衛生福利部長(衛生相に相当)は記者団に、残念だが「一定の基準に従う必要がある」と発言した。

UBIファーマの株価は16日の取引で30%急落。同社は今回の決定について、業績への影響は限られており、第3相臨床試験の「メリットの評価」を見直すと表明した。

台湾では人口の約40%が少なくとも1回のワクチン接種を受けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up