for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット、4月ネット売上275%急増 コロナ対応費は利益圧迫へ

米小売大手ターゲットは23日、新型コロナウイルス感染拡大を背景に、現時点で4月のオンライン売上高(比較可能ベース)が275%超急拡大したと発表した。カリフォルニア州カルバーシティーで2日撮影(2020年 ロイター/Lisa Baertlein)

[23日 ロイター] - 米小売大手ターゲットTGT.Nは23日、新型コロナウイルス感染拡大を背景に、現時点で4月のオンライン売上高(比較可能ベース)が275%超急拡大したと発表した。

同時に、一時的な従業員の賃金引き上げに絡むコスト増や、食料品など低利益率商品の売り上げが拡大する中、第1・四半期(2─4月)の利益は圧迫され、利益率は5%ポイント押し下げられる見通しとした。

4月の食品・飲料品売上高はこれまでのところ12%増加した。

ターゲットは5月30日まで、店舗と流通センターに勤務する従業員の賃金を時間当たり2ドル引き上げる計画。

新型コロナ感染拡大防止に向けた外出制限などが継続する中、4月の店舗既存店売上高は現時点で40%減少している。

ターゲットの株価は約1.9%安で推移している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up