May 11, 2020 / 10:47 PM / 25 days ago

米テスラCEO、地元指示に反し加州工場再開を表明 逮捕も覚悟

 5月11日、米EV大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルスの流行で操業を一時停止しているカリフォルニア州フリーモント工場を再開するとツイッターに投稿した。写真は上海で昨年8月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[11日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は11日、新型コロナウイルスの流行で操業を一時停止しているカリフォルニア州フリーモント工場を再開するとツイッターに投稿した。地元当局による閉鎖継続指示を無視した対応で、マスク氏は逮捕も覚悟していることを示唆した。

テスラは9日、同工場の再開を巡り地元アラメダ郡を提訴。マスク氏は、同州にある本社と将来の事業計画をテキサス州かネバダ州に移すことも辞さないと警告した。[nL4N2CS0PW]

テスラは11日に従業員に送った電子メールで、製造業の再開を8日から認めるとしたカリフォルニア州知事の方針に言及し、一時帰休扱いとなっていた従業員は10日付で通常の雇用形態に戻ったと通知した。

また、マスク氏はツイッターに、11日に生産を再開すると投稿。自身も工場の製造ラインに加わるとし、「(当局は)誰かを逮捕するなら私だけにすべきだ」と書き込んだ。

アラメダ郡の命令では、違反者に対して罰金か禁固、もしくは両方の刑を適用する可能性があるとしている。郡の保健当局者は、工場を閉鎖するため何らかの措置を講じるかとの質問に現時点で回答していない。

こうした中、ムニューシン米財務長官は11日、カリフォルニア州はテスラが州内にとどまることを望むなら、同社が米国内に持つ唯一の自動車工場の再開を支援すべきだとの考えを示した。

カリフォルニア州のニューソム知事は同日、マスク氏と数日前に話したことを明らかにし、同氏が懸念を示したことが、製造業の段階的な再開開始に踏み切る1つのきっかけになったと述べた。

また「テスラだけでなくマスク氏を長年知っている」とし、「テスラの技術や革新的精神、指導力に深い敬意を抱いている」と述べた。

マスク氏が9日に移転の可能性を示唆して以降、テキサス州やネバダ州のほか、ジョージア、ユタ、オクラホマ各州もツイッター上でマスク氏に誘致のメッセージを送っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below