May 8, 2020 / 3:17 PM / in 3 months

米テスラの国内自動車工場、地元当局が再開認めず

[8日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)のマスク最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルス流行を受けて一時停止しているカリフォルニア州フリーモントの工場で8日午後から生産を再開させる方針を示したが、これに対し地元保健当局が再開を認めないと表明した。

工場があるアラメダ郡では5月末まで封鎖措置を継続することになっているが、カリフォルニア州のニューサム知事が7日、製造業を8日から再開させる新規定を公表したことを受け、マスクCEOが電子メールで従業員に再開方針を伝えた。

同工場は米国唯一の自動車工場。郡の指示では製造業は定期的な稼働が認められていない。

ロイターが確認した社内メールによると、フリーモント工場ではシフトごとに通常の30%の人員で限定的な操業が再開させる。また、ネバダ州とニューヨーク州にある同社のギガファクトリーでも州の承認を受け限定的な操業を始めたという。

アラメダ郡保安官事務所の広報担当は、郡の指示では必須事業しか再開を認められていないとし、「テスラはその基準を満たしておらず、再開は認めないと伝えた」と話した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below