for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイ、アストラゼネカワクチンの輸出規制検討

 7月14日、タイの国家ワクチン機関(NVI)のナコーン長官は、タイ国内で製造するアストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、輸出を規制することを検討していると語った。3月14日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[バンコク 14日 ロイター] - タイの国家ワクチン機関(NVI)のナコーン長官は14日、タイ国内で製造するアストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、輸出を規制することを検討していると語った。他のアジア諸国への供給に影響する可能性がある。

長官によると、輸出規制を行う前に、タイ保健省がまず、国内向けに十分なワクチンを確保すべくアストラゼネカ側と協議するという。

タイは6月から国内でアストラゼネカのワクチンを製造しており、台湾や東南アジアの国・地域に輸出する見通しとなっている。

アストラゼネカは当初、地元のパートナーであるサイアム・バイオサイエンスの製造能力の3分の1をタイに振り向けるとしていた。

6月は約束通り600万回分をタイに供給。7月以降は月1000万回分を供給する見通しだが、現在のところその水準には達していないという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up