for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイのプラユット首相、アストラゼネカ製ワクチンを接種

 3月16日、タイのプラユット首相(写真)は、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。提供写真(2021年 ロイター/Thailand Government House)

[バンコク 16日 ロイター] - タイのプラユット首相は16日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。

同社製ワクチンの接種開始は12日に予定されていたが、安全上の懸念から延期されていた。

首相が接種第1号となった。

同社のワクチンを巡っては、接種後に血栓ができる事例が欧州で報告されており、複数の国が接種を中断している。

プラユット首相はワクチンの接種前、記者団に「私は今日、国民の自信を高める」と発言。接種後には、気分が良いと語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up