for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディズニーランド、早ければ4月再開も 米加州が規制緩和

 米カリフォルニア州衛生当局は5日、ワクチン接種の普及を受け、新型コロナウイルス対策の営業規制を緩和する方針を明らかにした。ディズニーランドなどのテーマパークが早ければ4月1日に再開可能になる(2021年 ロイター/Mike Blake)

[ロサンゼルス 5日 ロイター] - 米カリフォルニア州衛生当局は5日、新型コロナウイルス対策の営業規制を緩和する方針を明らかにした。ワクチン接種の普及を受けたもので、ディズニーランドなどのテーマパークや米プロ野球大リーグ(MLB)の試合などが早ければ4月1日に再開可能になる。

ニューソム州知事は4日、感染状況のステージの定義をワクチン接種状況を踏まえて「若干緩和」すると発表した。ステージは、感染が最も深刻なのが「紫」でその次が「赤」、あと「オレンジ」「黄」と続く。ワクチン接種の状況が考慮されることにより、「紫」から「赤」に、より早くステージが下がる可能性がでてきた。

ステージ「赤」ではこれまでテーマパークやアミューズメント施設が閉鎖となっていたが、州衛生当局の5日の発表によると、テーマパークは、来場者数を収容人数の15%に抑えて4月1日に再開できる。「オレンジ」、「黄」の地域では来場者数の上限をそれぞれ25%、35%とする。

ディズニーランド・リゾートのポットロック社長は発表を受け「数千人が仕事に復帰できコミュニティ全体に大きく寄与する」と声明で表明した。ただディズニーランドがあるアナハイムは現在、ステージ「紫」で4月1日までに「赤」に下がるか不透明。ポットロック社長は具体的な再開日を示さなかった。

ドジャースなど、カリフォルニア州にホームグランドを持つMLBチームも規制緩和を歓迎し、観客を入れた試合の再開に期待を示した。

ディズニーランドとドジャースタジアムは現在、ワクチン接種会場となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up