for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏、選挙活動や職務再開望む TV演説など検討=側近

[ワシントン 7日 ロイター] - 米大統領選まで30日を切る中、新型コロナウイルス感染で先週末に緊急入院し、5日退院したトランプ大統領が選挙活動や大統領職務の再開を待ち切れずにいると、トランプ氏の側近らが7日明らかにした。

メドウズ大統領首席補佐官は「トランプ大統領は前日、大統領執務室に戻ることを望んだ。もしそうなれば、安全に関する手順を踏む」と語った。その上で、トランプ大統領の「体調は良好だ」とした。

トランプ大統領は退院後、ホワイトハウス居住棟に執務スペースを設けて業務に当たっている。ホワイトハウス内ではコロナ感染が広がっており、ABCニュースによると、これまでにトランプ大統領を含め23人の感染が確認された。

側近らによると、支持率でトランプ大統領をリードしている野党民主党の大統領候補バイデン前副大統領に攻勢をかけるために、国民向けのテレビ演説に加え、8日には高齢の有権者向け演説を行うことも検討されているという。

トランプ大統領は、フロリダ州マイアミで15日に予定されている大統領候補テレビ討論会の参加に前向きな姿勢を示していたが、バイデン氏は前日、15日時点でトランプ大統領がまだコロに感染しているのであれば、討論会は実施すべきでないとの考えを示した。

7日夜には、両党の副大統領候補であるペンス副大統領とハリス上院議員によるテレビ討論会が開催される。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up