March 9, 2020 / 12:52 AM / a month ago

新型コロナウイルス、海外直接投資に打撃=国連報告書

[チューリヒ 8日 ロイター] - 国連貿易開発会議(UNCTAD)は8日に公表したリポートで、新型コロナウイルスの影響により、2020─21年の企業の海外直接投資(FDI)が従来予想よりも5─15%減少する可能性があるとの見通しを示した。さらに、新型ウイルスの影響は今後一段と悪化する可能性が高いと指摘した。

UNCTADが世界経済動向の指標として追跡する多国籍企業100社では、多くがウイルスの影響を受けている国で設備投資を控えており、41社は利益に影響が及ぶとの見通しを示している。

また、多国籍企業5000社については、新型ウイルスの影響で、2020年度利益が過去1カ月に平均で9%下方修正された。

業界別では、自動車(44%減)、航空(42%減)、エネルギー・基本資材(13%減)と、落ち込みが目立った。

UNCTADは、マイナスの影響がさらに広範に及び、拡大する可能性が高いとしている。

UNCTADは1月に、2019年の世界のFDIは1兆3900億ドルと推計し、2020年は約5%増加すると見込んでいたが、新型ウイルスの感染拡大が年内続けば、2008年の金融危機以降の水準に落ち込む可能性があるとの見方を示した。

UNCTADのディレクター、James Zhan氏は、中国へのFDI規模は2番目に大きいが、短期的に対中FDIが大幅に減少すれば、世界のFDIにも影響が及ぶと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below