for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ユナイテッド航空、パイロット2850人削減も 支援延長なければ

8月27日、米航空大手のユナイテッド航空は、政府の雇用支援が延長されなければ、パイロットの約2割に相当する2850人を削減する必要があると明らかにした。写真は2019年12月、ニューアークの空港に駐機中のユナイテッド機(2020年 ロイター/Chris Helgren)

[シカゴ 27日 ロイター] - 米航空大手のユナイテッド航空UAL.Oは27日、政府の雇用支援が延長されなければ、パイロットの約2割に相当する2850人を削減する必要があると明らかにした。

米政府は3月末に決めた経済対策の一環で、航空会社の従業員向けに250億ドルの金融支援を実施した。期間中の人員削減はしないことが支援の条件となっている。

支援措置は9月末に期限を迎えるため、航空各社はさらに6カ月延長するよう要請している。米議会は経済対策の延長を協議しているが難航している。

ユナイテッドは従業員に対して、10月1日から11月30日の間に削減を行うとし、削減規模は年末までの旅行需要や運航計画に基づいていると説明した。ただ、新型コロナウイルスの感染が国内の一部地域で再び広がっており、状況は流動的だとしている。

全体で3万6000人を削減する可能性もあるとしているが、他の部門については最終的な削減数を明らかにしていない。

他の米航空大手では、デルタ航空DAL.Nが1600人、アメリカン航空AAL.Oが1万9000人の従業員をそれぞれ削減する方針を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up