for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米テキサス州知事がコロナ感染、マスク着用義務化に反対

 8月17日、米テキサス州のアボット知事(共和党)が、新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けた。写真はダラスで2018年5月撮影(2021年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米テキサス州のアボット知事(共和党)が17日、新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けた。知事の事務所によると、自主隔離し、モノクローナル抗体による治療を受けている。

アボット知事はマスク着用義務の反対派で、州内の政府機関や学校に対しマスク着用を義務化しないよう命じた経緯がある。

知事の事務所によると、アボット氏はワクチン接種を完了しており、現時点で新型コロナ感染症の症状は出てないという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up