for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米政権、航空会社従業員のワクチン義務化を要請 12月8日までに

米ホワイトハウスが米航空各社に対し、12月8日までに従業員の新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けるよう要請している。9月撮影(2021年 ロイター/Carl Recine)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米ホワイトハウスが米航空各社に対し、12月8日までに従業員の新型コロナウイルスワクチン接種を義務付けるよう要請している。関係筋4人が1日、ロイターに明らかにした。

関係筋によると、ホワイトハウスの新型コロナ対策調整官を務めるジェフ・ザイエンツ氏は9月30日、アメリカン航空やデルタ航空、サウスウエスト航空のトップと会談。連邦政府の契約職員に対するワクチン接種義務の期限である12月8日前までに、各社がワクチン接種義務の策定と実施に向け迅速に作業を進めるよう促した。

航空会社の一角はこれまでに、従業員のワクチン接種義務を年末の繁忙期以降に先送りするようホワイトハウスに求めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up