for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

航空業界支援、米政府の「次の大型対策」 救済でない=財務長官

ムニューシン米財務長官は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている航空業界向け支援が連邦準備理事会(FRB)による中小企業向け支援に続く「次の大型対策」との認識を示した。ルイジアナ州ニューオーリンズで4日撮影(2019年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 9日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は9日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている航空業界向け支援が連邦準備理事会(FRB)による中小企業向け支援に続く「次の大型対策」との認識を示した。

FRBは同日、新型コロナ感染拡大への対応策の一環として、地方政府と中小企業に対する総額2兆3000億ドルの支援策を打ち出した。[nL3N2BX3M2]

ムニューシン長官はCNBCに対し、航空会社との協議を巡る進捗状況をこの日午後にトランプ大統領に報告し、明日から週末にかけ、航空各社に暫定的な情報を伝えたいと語った。

その上で「これまでも言ってきたように、これは航空業界の救済でなく、従業員維持に必要な流動性を確実にすることが目的」とし、「米政府が打ち出す次の大型対策となる」と言明した。

ムニューシン長官は今週、中小企業に対する2500億ドルの追加支援を可決するよう議会に要請。3月末には3500億ドルの中小企業向け融資を盛り込んだ2兆ドル超の新型ウイルス関連経済対策法が成立している。[nL4N2BV4PD]

長官は「中小企業向けの追加資金が必要」と強調。トランプ大統領が病院や地方政府向けの支援を検討することに前向きとしつつも、「まずは中小企業の支援を打ち出したい考えで、超党派の支持をかなり得ている」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up