for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GMなど自動車大手3社、ミシガン州の一部でマスク着用義務を再開

ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、ステランティスの自動車大手3社は15日、新型コロナウイルス感染が拡大しているミシガン州南東部で従業員のマスク着用義務を再開すると発表した。写真はフォードの工場。1月24日、ミシガン州ディアボーンで撮影(2022年 ロイター/Rebecca Cook)

[15日 ロイター] - ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、ステランティスの自動車大手3社は15日、新型コロナウイルス感染が拡大しているミシガン州南東部で従業員のマスク着用義務を再開すると発表した。

3社は3月始め、米当局が安全と認めた職場でのマスク着用義務を撤廃。感染リスクの高い地域でない限り、ワクチン接種の状況にかかわらず職場でのマスク不使用を認めるとする米疾病対策センター(CDC)の改定指針を適用するとしていた。

CDCはその後、ミシガン州南東部のウェイン、オークランド、マコーム、ウォッシュトナウを含む6つの郡を再び感染高リスク地域に指定。これら地域では屋内公共施設でのマスク着用を推奨している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up