for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米共和党下院議員がコロナ陽性、先月ファイザーのワクチン接種

 1月5日、米共和党のケビン・ブレイディ下院議員(写真)は、新型コロナウイルス検査で陽性判定が出たと明らかにした。ワシントンの米議会で2018年4月撮影(2021年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米共和党のケビン・ブレイディ下院議員(65)は5日、新型コロナウイルス検査で陽性判定が出たと明らかにした。ブレイディ議員は昨年12月18日に1回目のワクチン接種を受けていた。

議会下院では、4日に同じく共和党のケイ・グレンジャー議員(77)の感染が明らかになっている。

ブレイディ議員は5日、コロナ検査で陽性判定が出て隔離しているとツイッターに投稿。「12月18日にファイザーのワクチンの第1回接種を受け、元日の検査では陰性だった。あすから治療を開始する」としている。

先月も、カリフォルニア州の看護師がファイザーのワクチン接種後、1週間余りでコロナに感染した事例が報告されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up