for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米カリフォルニア州、地域ごとに外出制限へ ICU逼迫を警戒

12月3日、 米カリフォルニア州のニューソム知事は3日、新型コロナウイルスの感染者や入院患者が記録的な水準に増加する中、地域ごとに外出制限を導入する計画を明らかにした。カリフォルニア州マリブで2日、PCR検査を受ける女性(2020年 ロイター/Lucy Nicholson)

[サクラメント 3日 ロイター] - 米カリフォルニア州のニューソム知事は3日、新型コロナウイルスの感染者や入院患者が記録的な水準に増加する中、地域ごとに外出制限を導入する計画を明らかにした。

集中治療室(ICU)の空き状況が収容能力の15%以下になった地域を対象に、社会経済活動の制限を強化する。

ニューソム知事は、同州5地域のうちサンフランシスコ・ベイエリアを除く4地域がそれぞれ、週内にこの水準に達するとの見方を示した。外出制限が導入された場合、少なくとも3週間維持される。

同知事は「いま行動しなければ医療体制が逼迫し、死亡率の上昇が続くことになる」と危機感を示した。

今回の外出制限は、同知事が3月に州全域で命じたロックダウン(都市封鎖)以来の厳格な措置となる。

市民は自宅待機を指示され、食料品の買い物や医療機関の受診、個人での運動などを除く外出を控えるよう求められる。

レストランは持ち帰りを除く営業が禁止され、バーやフィットネスジム、美容・理容院、カジノなどは全面閉鎖となる。

小売店は収容能力の20%での営業継続が認められる。屋内での礼拝は禁止される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up