for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コロナ経済対策、マコネル氏が新たな法案発表も=財務長官

 8月31日、ムニューシン米財務長官は、新型コロナウイルス経済対策を巡り、政権と上院共和党が定期的に連絡を取っていることを明らかにし、同党のマコネル上院院内総務(写真)が来週、新たな法案を発表することに期待を示した。写真は7月、ワシントンで撮影(2020年 ロイター/Erin Scott)

[ワシントン 31日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は31日、新型コロナウイルス経済対策を巡り、政権と上院共和党が定期的に連絡を取っていることを明らかにし、同党のマコネル上院院内総務が来週、新たな法案を発表することに期待を示した。

ムニューシン長官はFOXビジネスネットワークのインタビューで、経済対策を巡る民主党との協議決裂について聞かれた際、自身とメドウズ大統領首席補佐官がマコネル氏と定期的に協議していると述べ、「ミッチ(マコネル氏)が来週、新たな法案を策定することを期待している」と語った。

トランプ政権と議会民主党の経済対策を巡る協議は、8月初旬に決裂して以来、行われていない。

トランプ氏は今月8日、失業保険給付の上乗せなど追加の新型コロナウイルス経済対策を実施する大統領令に署名したが、実施方法の詳細は不明なままだ。

ムニューシン氏は、民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務は「誠実に交渉する気がない。協議を拒んでいる」と批判した。

その上で「米国民にとってあまりに重要であるため、われわれは取り組みを続ける」とし、マコネル氏が子供や雇用の支援、中小企業の賠償免責を盛り込んだ法案を策定することに期待を示した。

ムニューシン氏は9月1日、米政権の経済面での対応について、民主党が多数派を占める下院のコロナ危機特別小委員会で証言する予定。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up