for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米議会、9000億ドルの追加コロナ対策で近く合意 17日にも採決

米議会指導部が、9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加景気対策で合意に近づいていると、米政治メディアのポリティコや米紙ワシントン・ポストが16日、関係筋の情報として報じた。早ければ同日午前中に合意に達する可能性があるという。ワシントンの連邦議事堂で5月撮影(2020年 ロイター/ERIN SCOTT)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米議会指導部が、9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加景気対策で合意に近づいていることが16日、議員や議員側近の話で分かった。国民1人当たり600─700ドルを支給する案の他、失業給付拡充の延長などが盛り込まれており、向こう24時間以内に採決が開始される可能性がある。

追加景気対策は、連邦政府の閉鎖を回避するために18日までに可決される必要がある歳出法案(予算案)と一本化されている。上院共和党トップのマコネル院内総務は「目標を絞ったコロナ対策の策定に向け、大きく前進した」とし、楽観視していると表明。上院民主党トップのシューマー院内総務も「まだ合意に至っていないが、極めて近い」と述べた。

上院民主党のディック・ダービン議員は、この日のうちに合意し、17日の採決実施を目標にしていると発言。上院共和党のジョン・スーン議員は、この時期になったことで双方に可決に向けた十分な動機があると述べた。スーン議員によると、追加法案には国民1人当たり600─700ドルを支給する案が含まれている。

バイデン次期大統領も「追加対策での合意は極めて近いように見える。国民に直接現金を支給する案も含まれているようだ」と述べた。

議会の共和、民主両党の指導部は前日、コロナ追加景気対策と予算案を巡り2回にわたり協議を開き、終了後にかなりの進展があったと明らかにしていた。

民主党のホイヤー下院院内総務は、連邦政府のつなぎ予算が失効する18日までに合意に至らなければ、交渉継続に向けつなぎ予算を新たに3─4日延長する法案が策定される可能性があるとの認識を示した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up