for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コロナ対策の実現、大統領選後の公算=トランプ氏

 10月27日、トランプ米大統領は、追加の新型コロナウイルス経済対策の実現は11月3日の大統領選後になる公算が大きいとの見方を示し、民主党のペロシ下院議長が合意を妨げていると改めて批判した。写真は3月25日、ワシントンの国会議事堂(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、追加の新型コロナウイルス経済対策の実現は11月3日の大統領選後になる公算が大きいとの見方を示し、民主党のペロシ下院議長が合意を妨げていると改めて批判した。

トランプ大統領は記者団に対し「選挙後にこれまでで最高の刺激策を打ち出す」と述べた。

また「国民は刺激策を得るべきであり、協議は続ける。だがペロシ氏は、民主党が握っている運営が悪い犯罪だらけの市や州を救済することしか関心がない」と主張した。

ホワイトハウスのファラー報道官も同日、追加コロナ経済対策について、「今後数週間内」に合意に至る可能性があると述べ、11月3日の大統領選前の合意に懐疑的な見方を示した。

FOXニュースとのインタビューで、州や地方自治体への追加援助や個人への直接支援を巡り、依然として意見の隔たりがあると指摘。「今後数週間で何かが得られると確信している」と語った。

その後、マクナニー大統領報道官はFOXビジネス・ネットワークに対し、民主党のペロシ下院議長が過度な要求をしていることから、大統領選前にコロナ対策で合意できる可能性は「わずかだ」と述べた。

一方、ペロシ氏は民主党下院議員への書簡で、メドウズ大統領首席補佐官が週末に、新型コロナを制御することはしないと発言したことに言及。「ホワイトハウスとマコネル上院院内総務は(コロナ対策を)拒否してきた。その理由をメドウズ氏が25日に明かした」と指摘した。

その上で「マコネル氏が押している(協議の)一時停止ボタンから手を離させることができて初めて、大統領の言葉は意味を持ってくる」と語った。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up