for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米民主上院トップ、与党は「コロナ協議に参加を」

[ワシントン 18日 ロイター] - 米民主上院トップのシューマー院内総務は18日、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡り、共和党の上院議員らに対して話し合いに応じるよう求めた。

シューマー氏は「われわれの目の前にあるのは単純な選択だ。選挙のことは水に流し、党派の垣根を越えて共に協力するか、それとも垣根の中にとどまるかのどちらかだ」と語った。

これに先立ち、共和上院トップのマコネル院内総務は、双方が大きく対立しない項目を軸にした合意を目指すべきと表明。また、共和党が提案する5000億ドル規模の対策法案を民主党が阻止したことは遺憾だとした。

こうした中、シューマー氏らは、医療従事者への国からの個人防護具供給を増やすための法案を新たに提示した。戦略的国家備蓄(SNS)を通じて人口呼吸器や手袋、ガウン、マスク、フェイスシールド、サージカルマスクなど100億ドル相当の物資を購入するほか、産業能力の拡大を目的に国防生産法(DPA)を発動したり、物資を生産する中小企業向けに10億ドルの補助金を提供することなどが柱となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up