for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米追加経済対策、議会指導部「合意近い」 採決日程なお不透明

[ワシントン 20日 ロイター] - 米議会の与野党指導部は20日、9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策で合意に近づいていると明らかにした。協議の障害となっていた連邦準備理事会(FRB)の緊急融資プログラムを巡り、両党の上院議員らが夜遅くに妥協に達した。ただ、採決の日程は依然として不透明だ。

新型コロナ追加経済対策には、国民への600ドルの直接給付、失業給付の週300ドル上乗せ、小規模事業への追加支援が盛り込まれる見通し。関係筋によると、250億ドルの家賃補助も提供される。

議会は2021年9月までの政府プログラムの費用を手当てする1兆4000億ドル規模の歳出法案に新型コロナ追加経済対策を盛り込むことを目指している。

ただ、共和党重鎮のジョン・コーニン上院議員は、つなぎ予算が期限切れとなる午前0時(0500GMT、日本時間21日午後2時)までに法案を通過させるには時間が足りないのではないかと指摘しており、議会はつなぎ予算の期限を再び延長することが必要になる可能性がある。

民主党のペロシ下院議長は20日、追加経済対策について、記者団に対し「(合意に)非常に近づいている」と述べた上で、「議員らが精査する時間を十分得ることを望む」とした。

共和党のマコネル上院院内総務も記者団に対し、合意に近づいているとの認識を示した。

今回の追加経済対策法案には、共和党が求めてきた新型コロナに関連した訴訟リスクから企業を保護する対策と民主党が推進する州・地方政府向け大規模支援策は含まれない。

民主党のシューマー上院院内総務は「この法案は最終的な新型コロナ経済対策にはならない」と述べ、来年にさらなる追加支援策の策定に取り組む考えを示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up