for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米共和上院10議員が経済対策縮小を主張、6000億ドル規模の代案

[ワシントン 31日 ロイター] - 米共和党の上院議員10人が31日、バイデン大統領に1兆9000億ドルの経済対策の大幅縮小を求め、6000億ドル規模の代案を提示した。

ホワイトハウスの幹部は協議に前向きな姿勢を示す一方、大統領は妥協には消極的だと述べた。

上院100議席のうち共和党議員は50人。今回の10人の提案で数日内の可決を目指す民主党の動きが変わるかどうかは不明。バイデン大統領と民主党は、早期の成立を目指している。

民主党のシューマー上院院内総務は、上院では早ければ今週経済対策の協議を開始する考えを示している。ペロシ下院議長は、今週末までに議事運営を進める考えを表明した。

議会は昨年、4兆ドルの新型コロナ対策を可決している。

新たな経済対策を巡る動きは、党派を超えた議会運営を約束したバイデン大統領にとっての試金石となる。

共和党の10議員は大統領に協議を申し入れ、代替案は超党派の支持を得て早期の可決を可能にするとの考えを示した。詳細は1日に明らかにする予定。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up