for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FRBと議会、景気回復への取り組み続ける必要=FRB議長

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日、新型コロナウイルス禍からの景気回復の道のりは長く、議会とFRBの双方が回復への取り組みを続ける必要があると強調した。代表撮影(2020年 ロイター)

[23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日、新型コロナウイルス禍からの景気回復の道のりは長く、議会とFRBの双方が回復への取り組みを続ける必要があると強調した。

パウエル議長は、新型コロナに関する下院特別小委員会で証言。コロナ禍からの景気回復が進展しているとはいえ、コロナ前の2月時点と比較すると、なお何百万人もの失業者がおり、「道のりは長い」とした上で、「(景気回復への取り組みを)続ける必要がある。議会とFRBの双方が支援すれば、回復のスピードは速まる」と述べた。

中小企業向け「メインストリート融資制度(MSLP)」については、企業の利用が「控えめ」にとどまっていると指摘。信用はすでにかなり広範囲にわたって利用可能であり、さらに利用の裾野を広げるために大幅な変更は検討していないと表明した。同時に「経済が予想以上に悪化した場合、MSLPはより大きな役割を担うことになる」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up