for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米経済は大幅に回復、見通しにかなりの不透明感=FRB議長

[22日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は22日、米経済がコロナ禍が引き起こしたリセッション(景気後退)から「著しい回復」を示しているものの、見通しにはかなりの不透明性が存在するため、FRBは必要に応じ一段の措置を講じると表明した。

パウエル議長は下院金融サービス委員会で証言し、コロナ危機の打撃を受けていた雇用や家計支出が回復したものの、依然として危機前の水準を大幅に下回っているとし、「今後の見通しにかなりの不透明感が漂う。人々が幅広い活動再開するのに安全と感じるまで、完全な回復が実現する公算は小さい」と語った。

さらに「可能な限り力強い回復を実現させ、経済への長期的悪影響を制限するため、FRBは引き続き必要とされる期間、あらゆる政策手段を講じることにコミットする」と言明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up