April 28, 2020 / 4:48 PM / a month ago

訂正:米、追加コロナ対策は経済後押し 深刻な不況に注意を=前CEA委員長

米経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は28日、新型コロナウイルス対策第4弾は2020年下期の経済成長を後押しすると述べた。11日撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米ホワイトハウス顧問で経済諮問委員会(CEA)の前委員長(訂正)、ケビン・ハセット氏28日、新型コロナウイルス対策第4弾が2020年下期の経済成長を後押しするものの、経済は一時的に深刻なマイナス成長に陥ると警告した。

ハセット氏は「非常に強力な第4弾の刺激策があれば、年内に極めて高水準の成長が示されるだろう」と語った。

同時に、4ー6月期は失業率が16—20%に悪化し、国内総生産(GDP)は年率で3ー4割縮小する恐れがあるとも指摘。「これは(1930年代の)世界恐慌以降で最大のショックとなる見通しで、われわれはこのことを深刻に捉える必要がある」と述べた。

29日に発表される1ー3月期のGDPはおそらくマイナス成長になるが、これは今後明るみになる悪材料の始まりにすぎないだろうと警告した。

ハセット氏は、米国民は景気後退に備えるべきとしたほか、米国の債務水準は懸念されるものの、新型コロナ危機下では取り組むべき課題ではないとの考えを示した。

*本文中の「委員長」を「前委員長」に訂正し見出しを一部修正しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below