April 27, 2020 / 3:51 PM / a month ago

米経済、第2四半期は大恐慌以来の深刻なマイナス成長=CEA委員長

[ワシントン 27日 ロイター] - 米経済諮問委員会(CEA)のケビン・ハセット委員長は27日、第2・四半期の米経済が20─30%のマイナス成長に陥り、大恐慌以来の深刻な縮小になるとの見方を示した。ただ、第3・四半期はプラス成長を回復するとした。

ハセット委員長はCNBCに対し「当初は必須産業でも新型コロナウイルスの感染は急速に拡大していたが、時間がたつにつれ、安全確保に向けた習慣が広まったことが示唆されている」とし、一部の業界では安全に事業再開する方法が模索されていると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below