July 6, 2020 / 3:36 PM / a month ago

米、新型コロナ死者13万人突破 NY知事らトランプ氏対応を批判

米国の新型コロナウイルス感染症による死者が6日、13万人を超えた。経済再開に向けた動きに伴い国内の感染者は急増し、300万人に迫っている。ニューヨークで1日撮影(2020年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[6日 ロイター] - 米国の新型コロナウイルス感染症による死者が6日、13万人を超えた。経済再開に向けた動きに伴い国内の感染者は急増し、300万人に迫っている。

ロイターの分析によると、感染者数は国内39州で増加している。今月に入り国内16州で1日当たりの新規感染者数がこれまでの最多を更新。フロリダ州では1日当たり1万1000人と、流行が極めて深刻だった時期に欧州各国が記録した感染者数を大きく上回る。

死者数も少なくとも5州で増加に転じている。アリゾナ州では6月後半の2週間で449人が死亡し、前半2週間の259人から増加。感染者数は6月全体で300%急拡大し、国内最悪の増加率を記録した。

トランプ大統領は週末、明確な証拠を示すことなく、米国内のコロナ感染の99%は「全く無害」と主張。コロナ感染が深刻なテキサス州オースティンのアドラー市長はCNNに対し、大統領の発言は「混乱を招き、危険なメッセージ」と批判した。

メドウズ大統領首席補佐官は、トランプ大統領はコロナ感染症による死者を軽視しているわけではないと擁護。「統計を見れば、あなた方や私、私の子どもや孫が直面しているリスクが分かるはずだ。大統領は統計を適切に見極めるべきよう呼び掛けているだけだ」と述べた。

ニューヨーク州のクオモ知事は「新型コロナが存在すること、大きな問題であること、そしてわれわれがこの問題を認識してそれぞれが自分の責任を果たすまで状況が続くことをトランプ大統領は公に認めるべきだ」とし、「大統領は新型コロナの共謀者になるべきではない」と強調した。

さらに、国内の感染者増は検査拡大が要因であるとか、ウイルスは気温上昇とともに消滅するといったトランプ大統領の発言について「いずれも真実ではない。国民がトランプ大統領の発言を信じたため、約38州が問題に直面する事態となっている」と批判した。

米疾病対策センター(CDC)の試算によると、7月25日までに米国内の新型コロナ感染症による死者は14万─16万人に達する見通し。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below