for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米NYとLA、公立学校の対面授業を全面再開へ ワクチン普及で

 米国で最大級の学区であるニューヨーク市とロサンゼルスは24日、学校の対面授業を全面再開する計画を発表した。ニューヨークえ昨年12月撮影(2021年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[ニューヨーク/ロサンゼルス 24日 ロイター] - 米国で最大級の学区であるニューヨーク市とロサンゼルスは24日、学校の対面授業を全面再開する計画を発表した。こうした動きは、新型コロナウイルス感染の減少とワクチン接種の進展を受け、保護者主導で全米規模で進んでいる。

ニューヨークのデブラシオ市長は「皆が戻るときが来た。全員が集い、本来の行動をすべきときが来た」と述べた。

市内の公立学校に通う生徒110万人は今年、登校と家庭学習の分散、リモート授業の方法で学んでいるが、市長は9月以降はどちらの選択肢も提供されないと表明した。

一方、ロサンゼルス郡のオースティン・ボートナー教育長は、60万人超の小・中学校の生徒に全面登校を認めると発表した。ただ、「大半の生徒、教員、職員が毎日学校に来ることを想定しているが、必要な人にはオンラインの選択肢を提供しなければならないことも認識している」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up