for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、新たなコロナ対策資金要求 自身も2回目の追加接種

3月30日、バイデン米大統領は新型コロナウイルスと共存する米国民の支援に向け、新たなコロナ関連情報サイト「COVID.gov」を開設したと発表した。また、ワクチン接種や治療、将来の感染拡大への備えを強化するために議会に対し追加の資金提供を求めた。写真は同日、記者団の質問に答えるバイデン大統領(2022年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 30日 ロイター] - バイデン米大統領は30日、新型コロナウイルスと共存する米国民の支援に向け、新たなコロナ関連情報サイト「COVID.gov」を開設したと発表した。また、ワクチン接種や治療、将来の感染拡大への備えを強化するために議会に対し追加の資金提供を求めた。2回目のブースター接種(追加接種)を受けたことも明かした。

ホワイトハウスで「投資を怠れば、新たな感染波が到来した際にわれわれ自身が脆弱なままでいることになる」と指摘。「われわれは今、追加供給を確保する必要がある」とし、追加の資金がなければコロナワクチンの無料接種が今秋に実施できないかもしれないと警告した上で、議会に対し迅速な行動を求めた。

米食品医薬品局(FDA)は29日、米ファイザー・独ビオンテック製および米モデルナのコロナワクチンの50歳以上への2回目の追加接種を承認。バイデン氏(79)はファイザー/ビオンテック製ワクチンの4回目の接種を受けた。

米ドラッグストア大手のCVSヘルスやウォルグリーン・ブーツ・アライアンスなどは2回目の追加接種を開始すると発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up