June 14, 2020 / 10:45 PM / a month ago

米、一部の州で新規感染者、入院者ともに過去最多に

[14日 ロイター] - 米国で経済活動の再開が進められる中、フロリダ州やテキサス州など一部の州で新型コロナウイルスの感染者数や入院患者数が過去最多を記録している。

アラバマ州は14日に公表した新規感染者数が4日連続で過去最多となった。ロイターの集計によると、アラスカ、アリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、フロリダ、ノースカロライナ、オクラホマ、サウスカロライナの各州も過去3日間に過去最多の新規感染者数を記録した。

多くの州の保健当局者は感染者の増加について、5月下旬のメモリアルデーの連休に多くの人が集まったことが一因と指摘した。

米国のホットスポットの1つとなっていたルイジアナ州でも再び感染拡大が見られ、新規感染者は1200人超と5月21日以来の規模となった。

13日に報告された全米の新規感染者数は2万5000人を超え、土曜日としては5月2日以来、もっとも多い人数を記録した。

感染者数増加の背景には検査体制の拡充もあるが、これらの州の多くでは入院患者数も記録的な水準に達しており、検査件数の増加だけでは説明できない。

アーカンソー、ノースカロライナ、テキサス、ユタの各州では13日の新規入院者数がこれまでで最多となった。サウスカロライナ州では病床利用率が地域によって69%から77%に上っている。

ユタ州知事は先週、大半の郡で活動再開を一時停止すると発表したが、ほとんどの州は財政悪化や失業率の上昇に直面しており、経済活動の再停止は検討していない。

一方、感染状況が最も深刻だったニューヨーク州では、活動再開に当たり公衆衛生面の指針を導入。新規感染者や死者、入院患者数、検査での陽性率などがいずれも改善している。

ただ同州のクオモ知事は14日、ニューヨーク市中心部のマンハッタンやロングアイランド東部の高級住宅地ハンプトンズを中心に、社会的距離確保などのルール違反に関する苦情が2万5000件寄せられたと指摘。「こうした地域では再開を後戻りさせる非常に現実的な可能性がある」と語った。

トランプ大統領はオクラホマ州タルサで20日に選挙集会を開く予定だが、同州の統計によると、タルサ郡は州の新規感染者の約3分の1を占めている。タルサ郡保健当局は12日、感染者の増加は屋内の集会に関連していると指摘した。同州の入院患者数と検査の陽性率は安定している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below