for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米中西部でコロナ急拡大、新規感染者が過去最多に

10月9日、米中西部で新型コロナウイルス感染拡大が顕著になっていることが分かった。ロイターの集計によると、同地域のコロナ新規感染者は前日1万6807人と、これまでの最多を記録。7日間の1日当たり平均感染者数も1カ月前から40%増加した。写真は9月9日、ニューヨーク市で撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

[シカゴ 9日 ロイター] - 米中西部で新型コロナウイルス感染拡大が顕著になっている。ロイターの集計によると、同地域のコロナ新規感染者は前日1万6807人と、これまでの最多を記録した。

7日間の1日当たり平均感染者数も1カ月前から40%増加している。

とりわけ気温が低い北部州での新規感染が深刻で、ミネソタ、ネブラスカ、ノースダコタ、サウスダコタ、ウィスコンシンの各州は10月に入り軒並み過去最多を更新。イリノイ州でも前日、5月中旬以来の大幅な増加を記録した。

コロナ検査の陽性率も上昇しており、アイオワ、サウスダコタ、ウィスコンシン州では20%を突破している。

中西部のコロナ感染症による入院者も前日、4日連続でこれまでの最多を更新し、8000人を突破した。とりわけアイオワ、ネブラスカ、ノースダコタ、サウスダコタ、ウィスコンシン州の入院者数は今月に入り過去最多に達している。

ウィスコンシン州は今週、州内で病床が逼迫している状況を踏まえ、ミルウォーキー郊外に野戦病院を開設すると発表した。

全米レベルでは1日当たりの新規感染者数が平均4万7000人と、9月半ばの3万5000人から増加。入院者数も前日に約3万4000人と、9月4日以来の最多を記録した。

ロイターの分析によると、米50州中、中西部州の大半を含む30州で過去2週間に感染者数が増加した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up